HOME>イチオシ情報>ベビーシューズについて知っておきたいこととは

ベビーシューズの編み方

ストラップシューズなら鎖編みで底をまず作り、サイド、かかと、甲の順に作って、毛糸を取り付け、ストラップを編んでいきます。さらにボタンをつけて縫い合わせて完成です。

ベビーシューズの種類

  • 購入しやすい市販品のベビーシューズ
  • デザイン性のあるブランド品のベビーシューズ
  • 好きな色や形にできる手編みのベビーシューズ
  • 可愛い羊毛フェルトのベビーシューズ
  • つかまり立ちできてからの室内履き用
  • 歩く練習をはじめるプレシューズ
  • あるきカタをサポートするファーストシューズ
  • 活発な動作をサポートするセカンドシューズ
  • 歩き慣れてきたらハイカットタイプ
  • 男の子ならブルー系、女の子ならピンク系

ピンからキリまで

靴

ベビーシューズといっても様々な種類やブランドがあります。よって、価格はピンからキリまでです。自分の子供が使用するのなら安価な物を選びやすいものですが、贈り物ならある程度の費用をかけた方がいいでしょう。高い物は1万円くらいすることもあります。出産祝いなどで贈る場合、有名ブランドで高級なものを選んだ方がいいかもしれません。自分の子供が日常的に履くために購入する場合は、きちんとサイズを計測し、歩きやすいものを選ぶようにしましょう。安価な物なら数千円で購入できます。また、すぐに成長して履けなくなることもあるので、家計に響かないような価格で選んだ方が無難です。場合によっては友人や知人などのおさがりを利用するのもいいでしょう。

サイズを計測しよう

靴

ベビーシューズを購入する場合、きちんとサイズを計測することが大切です。市販の物が合わない赤ちゃんもいるからです。特に贈り物としてベビーシューズを選ぶ場合には気をつけましょう。ただし、ベビーシューズといってもいろいろな種類があります。無難なのは詳しい人にアドバイスしてもらうことです。赤ちゃんグッズの専門店を利用したり、インターネットで調べたりしてから購入するといいかもしれません。使用するのではなく飾るだけという場合もあります。この場合はデザイン性を重視して選びましょう。

贈り物に最適

靴

友人や知人に赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることがあります。しかし、未婚で子供の居ない人にとってはどんな物を贈っていいのか悩んでしまうことでしょう。そんな時には赤ちゃんグッズの専門店を訪れて店員さんに相談してみるのもいいかもしれません。また、ベビーシューズなどの赤ちゃんグッズを勧められることがあります。ベビーシューズは出産祝いにピッタリです。産まれたばかりならしばらく使う物ではありませんが、見た目も可愛く成長すれば必ず使うことになるので喜ばれることでしょう。

広告募集中